FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

SHやらアニメやら漫画やらニコニコやらに傾倒する日々を送る管理人のブログです。                                          基本的におバカなことしか書きつづりませんので、息抜きにでも見ていただければ幸いです。

 

ぐだぐだ工房

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧

    

Posted on --:--:-- «edit»

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --

go page top

Posted on 23:46:54 «edit»

Category:イベント・外出

美術館! 

今日は学校が終わってから

『シュルレアリスム展―パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による―』に行ってきました。

以下長々とレポート。

国立新美術館に行くのも初めてだったので前日から遠足気分だったのですが、

朝腹痛で二限からの授業に出られなかった…

決してサボりたかったのではなく、
むしろ出たい授業だったのですよ。
しかも授業終わった後の黒板と配られたレジュメを見てみると
どうもうすぼんやりと考えている卒論のテーマに近い内容を扱ったらしい…

まぁそんなすったもんだがありつつ午後の授業も終えて電車を乗り継いで美術館についたのが3時半位。
乃木坂駅で降りてそのまま道なりにちょっと歩くとすぐに美術館と直結していて非常に便利でした。
階段も美術館に向かってるっていう感じにおしゃれでした。

無事チケットを買って、ついに美術館の中へ。

なんというか…ものすっごくおしゃれな空間に来てしまった感じ。
カフェのコーヒーの匂いも丁度いい具合に漂っていて、
フローリングも落ち着いた木目色だし、
雨なのに全面ガラスだから暗い印象も受けず。
あれはもうちょっと時間がある時に来てお茶して帰りたい気分になります。


それで企画展の方ですが、
夕方とはいえ平日の、しかも雨が降っている中で
そんなに来場者いないだろうからのんびり見れるかなと思っていたんですが…

甘かった。

同年代くらいの人とか、
5、60代くらいの人とかがかなりいましてびっくりしました。
やっぱり会期ギリギリ(5/15まで)だからでしょうか。

やはりマグリットやキリコは人気のようで常に何人か人がいてなおさらゆっくり見れるかっ!
といった感じ。

それで肝心の内容ですが
ぶっちゃけ意味は分からなかった。

けどシュールレアリズム運動について勉強してみたいとは思いました。
大学の総合科目とかでやってくれないかな…

と、全くシュールレアリズムに対して無知な状態で行った管理人ですが、
気になった作品も幾つかありました。

アンドレ・マッソン作『迷宮』とか、
マックス・エルンスト作『百頭女』のシリーズとか
(これは読んでみたいと思いました)、
特に甘美な死骸は画家によって色の付け方やデッサンの仕方が違っていて
それを照らし合わせてみるのも面白かったです。
多分楽しみながらやっていたんだろうな…
全員描き終わってから「せーの」で開いて、
「誰だよこんなん描いたの!」
とか言い合ってたらちょっと可愛いかも。

シュールレアリスムを追及して行った画家達のイメージが
「ストイック」と「変人」(幻覚みる人が多すぎる)なので、
ちょっとでも人間臭いところが見えるとほっとするというか、
微笑ましいというか。


美術館に行くと必ずポストカードを何枚か買ってくる癖があるのですが、
今回は
・ジャン・アルプ作『口ひげ頭と瓶』
・ルネ・マグリット作『夏の行進』
の二枚。
あまり好みの絵のポストカードがなかったのです…


結局一時間半ほどで一回り出来ました。
改めてマグリットが好きだと実感しました。
また何か企画展やらないかな…
スポンサーサイト

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://yukkkikoubou.blog133.fc2.com/tb.php/212-03e8939c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。