Admin * New entry * Up load * All archives 

SHやらアニメやら漫画やらニコニコやらに傾倒する日々を送る管理人のブログです。                                          基本的におバカなことしか書きつづりませんので、息抜きにでも見ていただければ幸いです。

 

ぐだぐだ工房

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
最近の記事

    n e x t »

Posted on --:--:-- «edit»

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --

go page top

Posted on 01:28:44 «edit»

Category:初めに

■はじめに■ 

注意:この記事は常にトップにあります。


はじめまして、管理人のゆきなみきです。
今年は私事でなかなか更新出来ないかもしれませんが、
少しでも多く更新したいと思っていますので
どうかよろしくお願いします。

内容としては、

・漫画、アニメの感想&布教活動
・イラストサイトの更新報告
・動画投稿の報告、紹介
・その他、とにかく語りたいこと

等など。
少しでも興味を持っていただければ幸いです。

■メインのイラストサイト http://kazayoizuki.yomibitoshirazu.com/
abana.jpg


ブログで描いた絵や動画で使用した絵は全てこちらに纏めてあります。

■サブのブログ。 http://sekkakoubou.side-story.net/

abana2.jpg

作品の制作状況(主に動画)の報告場。

*リンクは敬称略です、すいません。

以下に細かい諸注意。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

tb: (1)     com: (0)

go page top

Posted on 02:22:53 «edit»

Category:イベント・外出

十二夜 

寒中見舞い申し上げます。
皆さまいかがお過ごしでしょうか…一カ月以上放置してました…
これからはイベント等の備忘録に使って行こうと思います。

ということで新年一発目のイベントはこちら。

劇団AUN公演の『十二夜』。
劇を見に行くのは小学校以来じゃないかってぐらいの初心者ですが、
今回はどうしても行きたかった。
というのも声優の大塚明夫さんが出演されるというので、
期末テストとかレポート提出とかいろいろかなぐり捨てていってきました。


4限の授業の後友人と待ち合わせして赤坂見附へ。
初の赤坂!なんですが見事二人で迷子になり、3,40分ほどうろうろしてました。
その後無事劇場の場所を確認したのでマックで夕飯を。
Fateシリーズの話やらなんやらして時間を潰し40分前に劇場へ。

最初に劇場に入ったときの感想が「近い!!」でした。
小規模だということは分かっていたんですが、予想以上に舞台と客席の距離が近い。
私が座ったのは下手よりの真ん中、撮影機材の二列前(か目の前のどっちか…記憶があいまい)でした。
結構好位置だったと思います、っていうか凄い舞台が見渡せるしいい席だった!
三十分ほど友人とおしゃべりしていたらついに開幕。

以下ネタバレ含みますのでご注意!

とにかく楽しかった!
下手なバラエティ番組見るよりも笑わせて貰いました!

まず、凄く脚本が魅力的でした。
言葉遊びのような掛け合いは久しく聞いてなかったので引き込まれてしまいました。
十二夜に限らずシェイクスピアの作品はひとつも読んだことのない無学人間なのですが、
内容をウィキペディアで軽くなぞっただけで十分内容が理解できましたし、
何よりキャストの方々が楽しそうで。
飲んだくれなサー・トービーの口の上手さとか、
それに載せられる天然なサー・アンドリューの掛け合いが絶妙で可愛くって。

途中休憩をはさんで3時間だったのですが、
休憩中
「アンドリューの俳優さんの声さ」
「うん」
「立木さんに似てない?」
「思ったw」
という話をしてました。
なんか凄く似てると思ったんですけども、他に見ていた方はどう思っているんだろう…

大塚明夫さんが演じたアントーニオの長い丈のマントに心臓うちぬかれるかと。
あと服の形的に胸元がかなり見えてもう色気が…

ツイッターで知り合ったフォロワーさんから劇の情報を聞き、
翌日ゼミの発表だけどそんなの知ったことじゃないですよねって感じで行ってきた訳ですが、
これはハマる。
東京事変が解散した時に「行けるときに行っておけ」というツイートを何度も見たので、
ホント行けるとき、思い立ったときに行くべきだと思いました。
行くという行為自体が大事だと思うので、行って損したと感じることはないと思うのです。


以下大塚さんに会った時のあれこれ。
変なこと言い始めてる可能性がありますのでご注意を。

劇の情報を教えていただいたフォロワーさんが
「アンケートを書いてゆっくり出ると会える可能性が」
と呟かれていたのを思い出してアンケートを書き、ゆっくり出てみました。
込んでいたのでしばらく身動きが取れなくてもだもだしていたら

明夫さんがいらしゃった。

ふらっと、何の前触れもなく。
睫毛は長くなかったので多分つけまははずして、メイクも落としてきた後だと思われるのですが
最初はあまりのことにかたまってしまいました。
ほんの数メートル先に明夫さんがいる!?
といった感じで。
膠着している間におそらくファンの方(女性)が差し入れの品を手渡して、
お話をしていて最後にぎゅっとハグして貰っている間も固まってました。
というかどんな顔すればいいか分からなくて挙動不審になりかけてた。
ファンの方が離れた隙をついて友人が明夫さんに接近、
「ツイッターでフォローして」見たいな感じの話をしつつ握手して貰ってるのを
未だついて行けてない私はぽけーっと見ていたのですが

「彼女?リア充なの?」

とにこにこっと言われてようやっと解凍。
(友人=サークルの男友達。イベント充に付き合ってくれる)

「違いますっ」

を慌てて言いつつ握手していいか尋ねるとすぐに手を出して下さって
あのホント手が若々しくて大きくて凄い父性を感じたけど
自分の父親と同年代っていうかおとんの方が年上だけどなんだあの安定感。
ここで友人が
「大塚さんのファンなんです、ハグしてあげてください」
的なことを言ってくれて凄くナチュラルに、フランクにハグされた。

惚れた腫れたっていうか凄い安心する感じというか…
小柄とは言い難い体形なんですが(160㎝くらい+ヒール7㎝)、
いかんせん大塚さんの背丈が高くて見事すっぽり収まる感じはクセになりそうでした。
胸に頬が当たったことを思い出して改めて背が高いな…と
というか50代であの引き締まった体は詐欺じゃないかって思ってしまうくらい。

正直テンパってていい香りがしたとか何も分からなかったのが悔しくて、
さらにサインをって言う勇気も出ないどころか頭から抜け落ちていたので、
是非もう一度公演があったら行きたいなと思いました。

大塚さん目当てというわけでなく、素直にまた行きたいと思える素敵な舞台です。
劇団AUN公式ページ⇒http://homepage2.nifty.com/aun-company/index.htm

tb: (1)     com: (1)

 

俺も演劇久々だったが楽しかったー
サwイwンw完全に失念していたwwww
ちくせうww次回はワンチャン

なんかTwitterとかでも感謝されまくってて吹いたww

  by おっさん

Comment-WRITES

go page top

Posted on 02:31:08 «edit»

Category:イラスト

 

有言不実行過ぎてなんか…もう…
長らく更新ほっぽっといたのに、
その間も足蹴く通っていただき本当に、
ほんっとうにありがとうございます!

忙しかったのかと問われれば、
いいえイベントに駆け回って趣味を充実させていましたとしか言えません…
あとツイッターが手軽すぎてですね…
11月に行ったあれこれは後日きっちりまとめますので、
とりあえずはこちら。
久しぶりにイラスト一枚描きあげられたので投下。

魔王13

下書きから構図まで何回か練り直して、
色付けも日を重ねて丁寧に描いてみました。
今までだと作業一日で終わらせていたので、
時間をかけて描くっていうことをしてこなかったものですから…
それと今回は色付けの方法自体変えてまして、
出来る限り厚塗りで、
いろんな影をつけてみようと試行錯誤してみました。
前まではアニメ塗りもどき+影みたいな薄っぺらい絵だったので、
(アニメ塗りが薄っぺらいというわけでなく、私の色付けがという意味で)
もうちょっと腰を据えたイラストを書きたいなと試行錯誤してみました。

暗黒厨二時代を潜りぬけファンタジー厨二時代へ突入、
絵を描くのが楽しいと感じられた時期(5年くらい前でしょうか)に
オリキャラをしこたま描きためて、
「大学行ったら時間たくさんあるからこれで漫画描くんだ」
と今思えば何とも緩い考えを持ちつつ描いていたキャラのうちの一人。

厨二時代に作ったキャラの設定とか説明するのが堪らなく恥ずかしいですが、
おそらく最も有名な惰天使「ルシファー」その人です。


続きに羞恥心をかなぐり捨ててあれこれ設定とか書いておきます。

-- 続きを読む --

tb: (1)     com: (3)

 

上手ですね♪これからも頑張ってくださいね♪少し貸していただきます

  by ワンコ

 

ありがとうございます。「少し借りる」とのことですが、よろしければどのように利用されるのか教えて頂けますでしょうか。

  by ゆきなみき

 管理人のみ閲覧できます

  by -

Comment-WRITES

go page top

Posted on 23:50:04 «edit»

Category:未分類

 

10月の更新率がえらく低い…のは完全にツイッターで遊びまくっているからでして…
その間も足繁く通ってくださる方々、
ありがとうございますっ
でも11月はちゃんと更新出来る、かもしれないのです。
というかそういう打算がありまして。

私事ではありますが今年は就活生として12月から動き回るのですが、
大学の就活向けガイダンスで
「自分の好きなこともプレゼン出来ないと、営業に慣れないんですよ云々」
という話を聞きまして。
営業系を目指しているわけではないのですが、
確かに自分を知る上でも何がどう好きなのか考えていくのも大事かなと思い、
今後記事として私の好きなことを熱く(と言っても原稿用紙一枚分くらい)
語って行こうかと思っています。
ツイッターで趣味をぶちまけつつ、
ブログで熱く語る(+イベント事など)という方針で今後は展開して行こうかと思っています。
アニメの感想とかは突発的に書いたりすると思いますがw

と、今後の方針はこんな感じですが、
一応自分の身の回りの近況についてもちょこっと。

一昨日ついにスマートフォンを両親に買っていただきました!
あこがれのスマフォを手にしてうきうきしていますが、
いかんせんまだ使い方が未知数すぎて、
とりあえず恐る恐る触っている状態です…
本屋にお薦めアプリ特集みたいな本とか置いてあるんですが、
スマフォ買うまではなんでそんなのいるの、
ネットで探せばいいだけの話じゃん。
と思っていたんですが、
アプリの数多すぎて探しきれないので私も買ってこようかと思案中…

何から入れればいいのか悩んでとりあえずQRコードのとついっぷる入れたんですが、
ついっぷるからログイン出来ないのでぬぉぉぉお!
という状態でしょうか。

丁度今日ケースと保護カバーその他諸々買い物に行ったのですが、
4時間ほどかけて
ヨドバシカメラ→LOFT→アニメイト→ユザワヤ→ヨドバシ→LOFT
の順で巡りいろいろ見てきました。
というのも、ケースの種類少なすぎて選びようがなかったので
もうこれ自分で適当に改造した方が早いのかなとか思い、
それでユザワヤまで足を伸ばした次第です。
アニメイトは…欲し買った初回版DVDがうっかり転がってないかとか、
『シュトヘル』の新刊出てたよなとか…ついで行ってきましたが、
昼の2時頃でも人が結構いてびっくりしました。

それでケースの改造ですが、
とりあえずユザワヤで見つけたいい感じの紙をケースに収まるよう切り抜いて、
買い漁ってきたシールとかをそれに貼って、
内側から透けて見えるようにしようと思ったんですが、
購入したケース(クリアケース)がソフトだからなのか、
シリコンっぽいヤツで思ったより不透明でどうしようかと…
これはこれで味がありそうなので一回試し見てようと思っていますが、
とりあえず今は面白シールを使って自爆装置をこしらえてみました。
これはこれでアリなんですが、
やっぱりもうちょっと透明度が欲しい…
ケース一つ1200円くらいだからもう一個買って徹底的にサンホラ使様に改造してしまおうか…

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 23:18:50 «edit»

こんにちは!トラックバックテーマ担当の新村です今日のテーマは「あなたは涙もろいですか?」です年をとると涙もろくなる・・といいますが本当に最近涙腺が弱くなってます人前では絶対泣かないタイプだったのですが、この前友達とテレビを見てる時に、映画の予告で半泣きになった自分がいましたさすがにびっくりしました・・・...
トラックバックテーマ 第1297回「あなたは涙もろいですか?」




涙もろさ半端ないです。
ちょくちょく一人で泣いてる。
以前は壮大なメロディに出会ったときとか(映画音楽が多かった)
うるっと来てたんですが最近何かにつけてうるうる来てます。
一番最近号泣したのは「あの花の名前を僕たちは知らない」というアニメの最終話。
「泣くよ」と友人に予告されていたので
泣くまいとしていたんですがぼろっぼろ泣いてました。

あと「はやぶさ」関連にやたらうたれ弱いです。
つい最近映画が封切になりましたが、
その映画のCMだけで泣いてました。
さすがにどんだけ!?と思いましたが涙腺が緩いから仕方ないんです。

小学生のころ「フランダースの犬」「少公女」「名犬ラッシー」
読むたびに泣いていましたが今読んだらどうなんでしょうか…
「少公女」はもう一回読みたいなとは思っているんですけども。

漫画で繰り返し読んで泣くのは「ONE PIECE」のメリー号の最期とクリケットとカルガラの別れ。
「ムヒョロジ」でもキャラに引きづられて泣いたり。
「RAVE」だとだいたい誰か死ぬたびに泣いている気がするし…

本を最近読まなくなったので(新書ばっかり増えていく)
アレですが初めて読んだ乙一作品「SEVEN ROOM」のラストで泣いてました。
同じく乙一の「きみにしか聞こえない CALLING YOU」「傷-KIZ/KIDS-」
「失はれる物語」「しあわせは子猫のかたち」は泣いた記憶があります。
中高生の時はむさぼるように読んでいたのに…
無理にでも時間を作って行かないと積本が溜まる一方ですね…
次地震が来たらまた雪崩が起きて今度は本気で処分を考えなければならなくなる…

アニメだと「コードギアスR2」も誰か死ぬたびに泣いてましたが最終回は酷かった。
今でも忘れられないのですが、
泣いてしばらく呆然と座ってたら親が心配して様子見にきました。
「攻殻機動隊」で「僕らは生きている♪」が流れ始めると無条件に涙が出てくるとか、
上げればキリがないですが、
かなり涙もろい方だと自負しています。

tb: (0)     com: (0)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。